吉津板碑群 Yoshizu-itabi group monument

博物館 | |
  • ツイッターボタン
  • フェイスブックボタン
  • グーグルバズボタン
  • ヤフーボタン
  • はてブボタン
  • デリシャスボタン


吉津板碑群(よしづいたびぐん)

鎌倉・室町時代に死者追善のため建立された石塔婆の一種。 平板石の上部に趣旨を、 下部に紀年・氏名を刻んでいます。 正安4年8月(1302年)とあり、浦戸朴島の古碑とならびます。

材質・形状:石碑
収蔵場所:宮城県塩竈市青葉ヶ丘 14-9(青葉ヶ丘北公園の下)
閲覧可

地図


より大きな地図で 「文化の港 シオーモ」 を表示

JPN|ENG

Yoshizu-itabi group monument

DESCRIPTION

This is one kind of stone stupa built to memorialize the dead in the Kamakura and Muromachi periods. Its purpose is engraved on the top of the stone slab, and there is a name and date on the bottom which reads ‘August, Shoan 4 (1302)’. This, along with the one on Hou island in Urato are the old monuments.

LOCATION

Aobagaoka (Aobagaoka north park), Shiogama, Miyagi

日本語|ENG