鹽竈百人一首 |新古今和歌集(ふるゆきにたくもの煙かきたえてさびしくもあるかしほがまのうら)

文学館 | , |
  • ツイッターボタン
  • フェイスブックボタン
  • グーグルバズボタン
  • ヤフーボタン
  • はてブボタン
  • デリシャスボタン

【原文】

ふるゆきにたくもの煙かきたえてさびしくもあるかしほがまのうら

【現代語訳】

降る雪で、藻塩焼く煙がすっかりと消えてしまい、寂しいことです。塩釜の浦は。

作者・著者:新古今和歌集・入道前関白太政大臣
サイズ:270 x 540mm
材質・形状:石碑
所在地:宮城県塩竈市西町(鹽竈海道)
閲覧可

地図


より大きな地図で 「文化の港 シオーモ」 を表示