鹽竈神社 Shiogama shrine

博物館 | |
  • ツイッターボタン
  • フェイスブックボタン
  • グーグルバズボタン
  • ヤフーボタン
  • はてブボタン
  • デリシャスボタン
2_2shiogamajinja2016

鹽竈神社(しおがまじんじゃ)

国指定・重要文化財
古来、 陸奥国 一の宮と称されています。その創建年は不明ですが、 9世紀前半には朝廷より祭祀料(さいしりょう)をいただく有数の神社として存在していたことがうかがわれます。 古代においては、 この地が陸奥国府・多賀城の国府津であったこと、 陸奥国内の製塩の中心地であったことなどが、 鹽竈神社の創建や社名に関連していると考えられています。 現在の社殿は、 第四代藩主・伊達綱村公が元禄8年 (1695) に工事に着手し、 宝永元年 (1704)第五代藩主・吉村公の時に完成したものです。「三本殿二拝殿という全国でも類例がほとんどない社殿構成で、 整然とした配置計画も優れていること。 本殿・幣殿(へいでん)・廻廊(かいろう)は、正統で装飾を抑えた意匠で、 拝殿の古風な細部様式や門等の華やかな様式と絶妙な諧調を創り出していること。」 これらが江戸中期の神社建築として価値が高いと評価され、 国の重要文化財に指定されました。 (平成14年12月26日指定)

収蔵場所:宮城県塩竈市一森山1-1

地図


より大きな地図で 「文化の港 シオーモ」 を表示

JPN|ENG

Shiogama shrine (A national important cultural property)

DESCRIPTION

Called ‘Mutsunokuni Ichinomiya’ in ancient times, its founding year is unknown; however it existed as one of the most eminent shrines in the early 9th century, and received donations from the imperial court for rituals. It is believed that the origin of the name and the foundation is related to the reason that the place was Mutsu Kokufu,・Kokufutsu of Tagajyou, and the center of salt making. Tsunamura Date initiated construction in Genroku 8 (1695), and the current main building was completed in Houei 1 (1704) when HSH Yoshimura was the 5th lord of Sendai domain.
“The Sanbondou Nihaiden is a shrine construction unique in Japan. The building arrangement was also systematic and well-planed. ‘Honden Hei-Den-Kai-Ro’ indicates an orthodox style with limited decoration. The antique detail of the front of the shrine and the brilliant patterns of the gates are said to create an exquisite euphony.” It is an example of the high standards of shrine construction adhered to in the middle of the Edo period. The shrine was designated as a national important cultural property.
Designated on December 26, 14th year of Heisei (2002).

日本語|ENG