詳細分類の一覧

古今和歌集・東歌「わが背子を都にやりて塩竈のまがきの島のまつぞ恋しき」

【原文】 わが背子を都にやりて塩竈のまがきの島のまつぞ恋しき 作者・著者:古今和歌集・東歌 年代:平安時代

文学館 | , , , |

古今和歌集・東歌「陸奥はいづくはあれど塩竈の浦漕ぐ舟の綱手かなしも」

【原文】 陸奥はいづくはあれど塩竈の浦漕ぐ舟の綱手かなしも 作者・著者:古今和歌集・東歌 年代:平安時代

文学館 | , , , |

タタキ石

年代:平安時代 材質・形状:表杉の入貝塚 収蔵場所:タイムシップ塩竈 塩竈市本町1-1 閲覧可

博物館 | , |

木簡(複製)

年代:平安時代初期 材質・形状:多賀城跡出土 収蔵場所:タイムシップ塩竈 塩竈市本町1-1 閲覧可

博物館 | , |

製塩土器片

年代:奈良〜平安時代 材質・形状:杉の入裏跡 収蔵場所:タイムシップ塩竈 塩竈市本町1-1 閲覧可

博物館 | , , |

須恵器

年代:奈良〜平安時代 材質・形状:杉の入裏跡 収蔵場所:タイムシップ塩竈 塩竈市本町1-1 閲覧可

博物館 | , , |

釣のおもり

年代:奈良〜平安時代 材質・形状:杉の入裏 跡 収蔵場所:タイムシップ塩竈 塩竈市本町1-1 閲覧可

博物館 | , , |

文治鉄灯 Bunji metal lantern

文治鉄灯(ぶんじてっとう) 扉に「文治三年七月十日和泉三郎忠衡敬白」と銘文が浮き彫りされ、平泉藤原秀衡の三男忠衡寄進の鉄灯。 芭蕉翁もこの鉄灯を見て感涙したことが知られますが、当時は宝燈形式であり、屋根、扉は後世の補修で … 続きを読む

博物館 | , |

『源氏物語 乙女』

【原文】 少女(をとめ)   大殿、静かなる御住(すまひ)を、同じくは広く見どころありて、ここかしこにておぼつかなき山里人などをも、集へ住ませんの御心にて、六条京極のわたりに、中宮の御旧(ふる)降き宮のほとりを、四町(よ … 続きを読む

文学館 | , , |

『伊勢物語 塩竈(八十一段)』

【原文】 むかし、左のおほいまうちぎみいまそがりけり。 賀茂川(かもがは)のほとりに、六条わたりに、家をいとおもしろく造りて、すみたまひけり。 十月(かんなづき)のつごもりがた、菊の花うつろひさかりなるに、もみぢのちぐさ … 続きを読む

文学館 | , |