詳細分類の一覧

「涼しさのここを扇のかなめかな」

【原文】 鹽竈神社よりをめぐりて 涼しさのありがたき昔かな 籬ヶ涼しさのここを扇のかなめかな 【解説】 明治26年7月、汽車で塩竈を訪れる。塩竈神社に詣でて、当時の海老屋で昼食し、船で松島へ。 籬島を詠んだ俳句は、紀行文 … 続きを読む

文学館 | , |

『はて知らずの記』

【原文】 汽車鹽竈(しほがま)に達す。取りあへず鹽竈神社に詣づ。敷百級の石階幾千株の老杉足もとひやひやとして己に此世ならぬ心地す。神前に跪き拜し畏りて和泉三郎寄進の鐡燈籠を見る。大半は當時の物なりとぞ、鐡全く錆びて側の大 … 続きを読む

文学館 | , , |