詳細分類の一覧

鹽竈百人一首 |金槐集(しほがまの浦の松風かすむなりやそしまかけて春や立つらん)

【原文】 しほがまの浦の松風かすむなりやそしまかけて春や立つらん 【現代語訳】 塩釜の浦の、松の木の間を暖かな風が吹き抜けていく。海に浮かぶ島々は春の霞につつまれて、今日の立春を迎えることでしょう。 作者・著者:金槐集( … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |続後拾遺和歌集(あまのたく煙よりこそ塩がまの浦のかすみは立ちはじめけれ)

【原文】 あまのたく煙よりこそ塩がまの浦のかすみは立ちはじめけれ 【現代語訳】 藻塩を焼く海人の煙が始まりとなって、塩竈の浦の霞は立ちはじめのだなあ。 作者・著者:続後拾遺和歌集・入道前太政大臣 サイズ:270 x 54 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(海士の住むまがきの島のいさり火に色見えまがふとこ夏の花)

【原文】 海士の住むまがきの島のいさり火に色見えまがふとこ夏の花 【現代語訳】 海人達が住む籬の島では、漁り火と見間違えてしまいそうなほどに、撫子の花が色鮮やかに咲き誇っています。 作者・著者:夫木和歌抄・恵慶法師 サイ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |続後選和歌集(みちのくのまがきのしまは白妙の浪もてゆへる名にこそ有りけれ)

【原文】 みちのくのまがきのしまは白妙の浪もてゆへる名にこそ有りけれ 【現代語訳】 陸奥の籬の島には白く砕け散った荒波が押し寄せてきます。「まがきしま」とは、その白波で籬を結いつけた名前だったのですね。 作者・著者:続後 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(さ夜ふけて物ぞかなしきしほがまのももはがきするしぎのは風に)

【原文】 さ夜ふけて物ぞかなしきしほがまのももはがきするしぎのは風に 【現代語訳】 夜が更けて、鴫が幾度となく羽掻きをして立てるような風の音が、もの悲しく聞こえることだ。 作者・著者:夫木和歌抄・能因法師 サイズ:270 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(うらにゐていのちをかけしもののふはかずさだまれりちかのしほがま)

【原文】 うらにゐていのちをかけしもののふはかずさだまれりちかのしほがま 【現代語訳】 背後に控えて朝廷の為に命を懸ける武士の数は、千賀の塩釜の真砂(まさご)の数ほどに多く定まっております。 作者・著者:夫木和歌抄・藤原 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(へだてけるまがきの島のわりなきに住むかひなしやちかの塩がま)

【原文】 へだてけるまがきの島のわりなきに住むかひなしやちかの塩がま 【現代語訳】 私とあなたを隔てる籬島がいかんともし難いので、「千賀の塩釜」の貝ではないですが、そば近くに住む甲斐もないことですよ。 作者・著者:夫木和 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |和泉式部続集(塩がまのうらなれぬらんあまもかくわがごとからきものはおもはじ)

【原文】 塩がまのうらなれぬらんあまもかくわがごとからきものはおもはじ 【現代語訳】 塩竈の浦で藻塩を焼きつつ思い煩うことに慣れている海女でさえも、私のように辛い物思いはしないことでしょう。 作者・著者:和泉式部続集(和 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |建保名所百首(大方もかすめる比とうす煙たつはならひのしほがまのうら)

【原文】 大方もかすめる比とうす煙たつはならひのしほがまのうら 【現代語訳】 総じてどこもかしこも春霞がかかっている頃であろうと薄煙が立つのは、塩焼く煙が習慣化している塩釜の浦だからであるよ。 作者・著者:建保名所百首・ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |玄玉和歌集(松風に月影よする白波のかへるもをしきしほがまの浦)

【原文】 松風に月影よする白波のかへるもをしきしほがまの浦 【現代語訳】 松風に月の光が差し込み、塩竈の浦には白波が寄せては返っていく。あまりの美しさに、波も帰るのを惜しんでいるかのようだ。 作者・著者:玄玉和歌集・法橋 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |大言海(あけくれにさぞな愛で見む塩竈の桜の本に海人のかくれや)

【原文】 あけくれにさぞな愛で見む塩竈の桜の本に海人のかくれや 【現代語訳】 朝に晩に、いかにも本当に塩竈桜を愛でましょう。その花の下には、海女の隠れ家もあるでしょうから。 作者・著者:大言海(堀河天皇御製) サイズ:2 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |千五百番歌合(はるくればもとよりたえぬけぶりさへかすみと見ゆるしほがまの浦)

【原文】 はるくればもとよりたえぬけぶりさへかすみと見ゆるしほがまの浦 【現代語訳】 春が来ると、もともと絶えることのなかった塩焼く煙までもが春霞のようにみえることです。ここ塩竈の海岸の景色は。 作者・著者:千五百番歌合 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(くものなみ煙のなみははれながらおぼろ月よのしほがまのうら)

【原文】 くものなみ煙のなみははれながらおぼろ月よのしほがまのうら 【現代語訳】 雲の波、そして塩焼く煙の波は晴れ上がっても、それでもなお塩釜の浦は春のおぼろがかった霞の中に月が佇んでいるのですね。 作者・著者:夫木和歌 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |千載和歌集(しほがまのうらふくかぜに霧はれてやそ島かけてすめる月かげ)

【原文】 しほがまのうらふくかぜに霧はれてやそ島かけてすめる月かげ 【現代語訳】 塩釜の浦を吹く風で霧がすっかり晴れあがって、海に浮かぶ多くの島々に月の光がさえざえと澄みわたっていることです。 作者・著者:千載和歌集・藤 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新後拾遺集(ことうらの春よりも猶かすめるややく塩竈のけぶりなるらん)

【原文】 ことうらの春よりも猶かすめるややく塩竈のけぶりなるらん 【現代語訳】 春を迎えた諸国の海岸は何処であっても霞に煙っています。しかし、塩焼く煙までもが漂う塩竈の海岸では、より一層霞がかかった風情に感じられることで … 続きを読む

文学館 | , |