詳細分類の一覧

鹽竈百人一首 |今昔物語集(きみまさで煙たえにし塩がまのうらさびしくもみえわたるかな)

【原文】 きみまさで煙たえにし塩がまのうらさびしくもみえわたるかな 【現代語訳】 院主であった源融公が亡くなられて以来、塩を焼く煙が絶えてしまいました。塩竈を象ったこの河原院も、塩釜浦の風情のように、うら寂しく見渡される … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新古今和歌集(ふるゆきにたくもの煙かきたえてさびしくもあるかしほがまのうら)

【原文】 ふるゆきにたくもの煙かきたえてさびしくもあるかしほがまのうら 【現代語訳】 降る雪で、藻塩焼く煙がすっかりと消えてしまい、寂しいことです。塩釜の浦は。 作者・著者:新古今和歌集・入道前関白太政大臣 サイズ:27 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |大和物語(しほがまのうらにはあまやたえにけんなどすなどりのみゆる時なき)

【原文】 しほがまのうらにはあまやたえにけんなどすなどりのみゆる時なき 【現代語訳】 塩竈の浦に海人がいなくなってしまったからでしょうか。どうして漁をする姿が見られないのでしょう。同じように、塩竈の浦には「天(あま)」が … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(すぎぬとてをしみしきくはさきのこるまがきのしまにとまるなりけり)

【原文】 すぎぬとてをしみしきくはさきのこるまがきのしまにとまるなりけり 【現代語訳】 花盛りが過ぎてしまうといって惜しんでいた菊の花がまだ咲き残っていたのは、守りが堅いという籬島に留まっていたからなのですね。 作者・著 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(たちまよふけぶりもなみにまがひつつなのみぞちかのしほがまのうら)

【原文】 たちまよふけぶりもなみにまがひつつなのみぞちかのしほがまのうら 【現代語訳】 塩焼く煙は真っ直ぐに上ることもできず、地を這い波と混じって人を寄せ付けません。名前だけが近いのですね、千賀の塩竈は。 作者・著者:夫 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |草庵集(夕霧のまがきの島やこれならん波にぞはれぬしほがまの浦)

【原文】 夕霧のまがきの島やこれならん波にぞはれぬしほがまの浦 【現代語訳】 夕霧に包まれた籬の島とは、こういうことを言うのだなあ。塩竈の浦の波ではないが、並一通りのことでは晴れやらぬ風情であるよ。 作者・著者:草庵集( … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |仙洞句題五十首(あかで入る月をみよとや奥つかぜ煙ふきしくしほがまの浦)

【原文】 あかで入る月をみよとや奥つかぜ煙ふきしくしほがまの浦 【現代語訳】 塩竈の浦では塩焼く煙が一面に漂って、月を鑑賞することができません。満足しないうちに沈みゆく月を堪能しなさいということなのでしょうか、塩竈の浦を … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(春くればまがきの島にかけてほすかすみの衣ぬしやたれなる)

【原文】 春くればまがきの島にかけてほすかすみの衣ぬしやたれなる 【現代語訳】 春が来ると籬の島を包み込むように春霞が立ち籠めますが、いったいその霞の衣の主は誰なのでしょうか。 作者・著者:夫木和歌抄・俊恵法師 サイズ: … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |続後拾遺和歌集(よしやただちかの塩がまちかかりしかひもなき身は遠ざかるとも)

【原文】 よしやただちかの塩がまちかかりしかひもなき身は遠ざかるとも 【現代語訳】 「千賀の塩竈」の貝ではないが、「甲斐」という名のあなたは、私が近づいても甲斐がないので、遠い国に旅立っても、まあ、仕方のないことだなあ。 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(ちはやぶる神もねのびとおもへばやけぶりたなびくしほがまの松)

【原文】 ちはやぶる神もねのびとおもへばやけぶりたなびくしほがまの松 【現代語訳】 塩竈の神も子の日(正月の行事)の火と思ったからだろうか。千代を祝って小松を引く塩竈の浦に煙をたなびかせていることだ。 作者・著者:夫木和 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新続古今和歌集(秋ぎりのまがきの島のへだてゆゑそこともみえぬちかの塩竈)

【原文】 秋ぎりのまがきの島のへだてゆゑそこともみえぬちかの塩竈 【現代語訳】 秋の霧が籬の島の隔てとなるように、飽きが来て二人の間には隔たりができてしまいました。霧に包まれた千賀の塩竈の所在がわからないように、近くにあ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |古今和歌六帖(あまぶねのかよひこしよりしほがまのほのほいたますおもひつきにき)

【原文】 あまぶねのかよひこしよりしほがまのほのほいたますおもひつきにき 【現代語訳】 天舟が塩竈に到着した時から、塩焼き竈に火がついていよいよ燃えさかったように、あの方が通い始めて以来、私に「思ひ」の「火」がついて、次 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新勅選和歌集(あけくれはまがきのしまをながめつつみやこ恋しきねをのみぞなく)

【原文】 あけくれはまがきのしまをながめつつみやこ恋しきねをのみぞなく 【現代語訳】 明けても暮れても籬島を眺めながら、遠くはなれた都を恋しく思っては泣いてばかりおります。 作者・著者:新勅選和歌集・源信明朝臣 サイズ: … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新葉和歌集(ゆきてみし昔は遠きみちのくに思ひいづればちかのしほがま)

【原文】 ゆきてみし昔は遠きみちのくに思ひいづればちかのしほがま 【現代語訳】 昔、都を後にした時には遠く思われた陸奥の国が、今思い出すと「千賀の塩釜」という名前のように近々と感じられることです。 作者・著者:新葉和歌集 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |続古今和歌集(しほがまのうらのひがたのあけぼのにかすみにのこるうきしまの松)

【原文】 しほがまのうらのひがたのあけぼのにかすみにのこるうきしまの松 【現代語訳】 夜がほのぼのと明けはじめる頃に、塩竈の浦には春霞がかかり、そのぼんやりとした中に浮島の松がうっすらと見えることですよ。 作者・著者:続 … 続きを読む

文学館 | , |