詳細分類の一覧

「胆沢満月雪の精二三片」

【原文】 胆沢満月雪の精二三片 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「翼あるものを休ませ冬干潟」

【原文】 翼あるものを休ませ冬干潟 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「美作のひとのなさけは菫いろ」

【原文】 美作のひとのなさけは菫いろ 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「縄とびの寒暮傷みし馬車通る」

【原文】 縄とびの寒暮傷みし馬車通る 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「綿虫の夕空毀れやすきかな」

【原文】 綿虫の夕空毀れやすきかな 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「秋口の胸三寸がほど炎えて」

【原文】 秋口の胸三寸がほど炎えて 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「父の日の青空はあり山椒の木」

【原文】 父の日の青空はあり山椒の木 【解説】 鬼房の父散策の地。野口雨情の童謡〈山椒の木〉-「―おいらの父さんいつ帰る 聞かせてくれぬか山椒の木―」を踏まえた俳句です 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) 材質・形 … 続きを読む

文学館 | , |

「湧窟の祖霊が炎だつ花篝」

【原文】 湧窟の祖霊が炎だつ花篝 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

随筆-泉洞雑記46 佐藤鬼房筆

作者・著者:佐藤鬼房氏筆 サイズ:額 450 x 420mm /250 x 245mm 収蔵場所:タイムシップ塩竈 塩竈市本町1-1 閲覧可

文学館 | , |

塩竈市立第二小学校 現校歌

作者・著者:結城哀草果(ゆうきあいそうか)青木喜山・書 サイズ:580x1630mm/420x1350mm 材質・形状:額装 収蔵場所:塩竈市小松崎10-1 塩竈市立第二小学校 閲覧:可(閲覧を希望される場合には、事前に … 続きを読む

文学館, 美術館 | , , |

鹽竈百人一首 |後撰和歌集(さても猶まがきの島の有りければたちよりぬべくおもほゆるかな )

【原文】 さても猶まがきの島の有りければたちよりぬべくおもほゆるかな 【現代語訳】 「もうこれ以上陸奥の歌枕はございません」と仰られても、まだ籬の島が残っておりますので、それを歌枕に一首詠みましょう。そして古歌のように、 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(松風の夏たけくまにすずしきは梢に秋やちかの塩がま)

【原文】 松風の夏たけくまにすずしきは梢に秋やちかの塩がま 【現代語訳】 夏の盛りであるこの武隈で、松の木々をわたる風が涼しく感じられるのは、千賀の塩釜の松の梢に、秋が近づいているからであろうか。 作者・著者:夫木和歌抄 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |続古今和歌集(おなじくはこえてやみまししらかはのせきのあなたのしほがまのうら)

【原文】 おなじくはこえてやみまししらかはのせきのあなたのしほがまのうら 【現代語訳】 同じ東国を旅するならばいっそのこと白河の関を越えて、そのはるか彼方にある風光明媚な塩釜の浦まで訪れてみたいものです。 作者・著者:続 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新千載和歌集(こぐ船も浪のいづくにまよふらん霞のおくのしほがまのうら)

【原文】 こぐ船も浪のいづくにまよふらん霞のおくのしほがまのうら 【現代語訳】 艪を漕ぐ船は今頃、波間で迷っていることだろう。春霞の奥深くに紛れるように横たわる、塩竈の浦を目指すのでは。 作者・著者:新千載和歌集・藤原為 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |中務集(いづみにはあらぬまがきのしまちかみなみのこえつつもるとこそきけ)

【原文】 いづみにはあらぬまがきのしまちかみなみのこえつつもるとこそきけ 【現代語訳】 和泉の守(順)と同じ音を持つ泉ではないですが、籬の島が近いので波が島を越して水が漏れるように、梅の実も泉から漏れ出したのだときいてお … 続きを読む

文学館 | , |