詳細分類の一覧

「胆沢満月雪の精二三片」

【原文】 胆沢満月雪の精二三片 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「翼あるものを休ませ冬干潟」

【原文】 翼あるものを休ませ冬干潟 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「美作のひとのなさけは菫いろ」

【原文】 美作のひとのなさけは菫いろ 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「縄とびの寒暮傷みし馬車通る」

【原文】 縄とびの寒暮傷みし馬車通る 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「綿虫の夕空毀れやすきかな」

【原文】 綿虫の夕空毀れやすきかな 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「秋口の胸三寸がほど炎えて」

【原文】 秋口の胸三寸がほど炎えて 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

「父の日の青空はあり山椒の木」

【原文】 父の日の青空はあり山椒の木 【解説】 鬼房の父散策の地。野口雨情の童謡〈山椒の木〉-「―おいらの父さんいつ帰る 聞かせてくれぬか山椒の木―」を踏まえた俳句です 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) 材質・形 … 続きを読む

文学館 | , |

「湧窟の祖霊が炎だつ花篝」

【原文】 湧窟の祖霊が炎だつ花篝 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 | , |

随筆-泉洞雑記46 佐藤鬼房筆

作者・著者:佐藤鬼房氏筆 サイズ:額 450 x 420mm /250 x 245mm 収蔵場所:タイムシップ塩竈 塩竈市本町1-1 閲覧可

文学館 | , |

塩竈市立第二小学校 現校歌

作者・著者:結城哀草果(ゆうきあいそうか)青木喜山・書 サイズ:580x1630mm/420x1350mm 材質・形状:額装 収蔵場所:塩竈市小松崎10-1 塩竈市立第二小学校 閲覧:可(閲覧を希望される場合には、事前に … 続きを読む

文学館, 美術館 | , , |

鹽竈百人一首 |拾塵集(都にもいかが移さむ塩竈や塩干塩満ち変わる眺めは)

【原文】 都にもいかが移さむ塩竈や塩干塩満ち変わる眺めは 【現代語訳】 都にも、何とかしてこの美しい眺めを移したいものだ。潮が引いたり、満ちたりする度にその風情を変える塩竈の勝景を。 作者・著者:拾塵集・大内政弘 サイズ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |玉葉和歌集(しほがまのいそのいさごをつつみもてみよの数とぞ思ふべらなる)

【原文】 しほがまのいそのいさごをつつみもてみよの数とぞ思ふべらなる 【現代語訳】 塩竈の浜辺の砂を手に包み持ちますと、その真砂(まさご)の数ほどにわが帝のご治世が続くように思われることです。 作者・著者:玉葉和歌集・忠 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |建保名所百首(月影のいづくはあれど春のよの霞にくもる塩がまのうら)

【原文】 月影のいづくはあれど春のよの霞にくもる塩がまのうら 【現代語訳】 月の光が美しい名勝はいくつもあるでしょうが、何と言っても、春の夜の朧月に照らされた塩竈の浦の景色に勝るものはございません。 作者・著者:建保名所 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新拾遺和歌集(明けぬとや釣する舟も出ぬらん月に棹さすしほがまのうら)

【原文】 明けぬとや釣する舟も出ぬらん月に棹さすしほがまのうら 【現代語訳】 まもなく夜が明けるだろうと、そう思うからか、釣りする舟は水面に映る月に棹をさして塩釜の浦を出て行くようであるよ。 作者・著者:新拾遺和歌集・藤 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(さとわかずもろこしまでの月はあれど秋のなかばのしほがまのうら)

【原文】 さとわかずもろこしまでの月はあれど秋のなかばのしほがまのうら 【現代語訳】 故郷がどこともわからないほど遠い異国の地にあって眺める月の美しさもさることながら、仲秋の名月が照らし出す、ここ塩竈の浦の美しさは譬えよ … 続きを読む

文学館 | , |