詳細分類の一覧

鹽竈百人一首 |新続古今和歌集(すまの海士の心や月になびくらんけぶりぞよわる浦の塩竈)

【原文】 すまの海士の心や月になびくらんけぶりぞよわる浦の塩竈 【現代語訳】 塩焼く煙が弱まって、くっきりと浮かび上がった月影が塩竈の浦の島々を照らし出しています。この美しい風情を目にしたならば、塩焼きに専心する須磨の海 … 続きを読む

文学館 | , |