詳細分類の一覧

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(いそにおふるみるめにつけてしほがまのうらさびしくもおもほゆるかな)

【原文】 いそにおふるみるめにつけてしほがまのうらさびしくもおもほゆるかな 【現代語訳】 貴女が贈って下さった、波うち際に生える「海松布(みるぬ)」(海藻)。それを見るにつけても、陸奥の守として亡くなった兄弟のことが思い … 続きを読む

文学館 | , |