詳細分類の一覧

鹽竈百人一首 |建保名所百首(みわたせばたくもの煙立ちわかれかすめる方やしほがまの浦)

【原文】 みわたせばたくもの煙立ちわかれかすめる方やしほがまの浦 【現代語訳】 見渡すと藻塩を焼く煙は左右に分かれて棚引いています。そのなかで、霞の濃くかかった方角が塩竈海岸なのですね。 作者・著者:建保名所百首・藤原康 … 続きを読む

文学館 | , |