塩竈のまちの中で、多くの美術作品を見ることができます。塩竈の港や海をモチーフにした作品や、塩竈のまちにゆかりの深い作家も数多く生まれました。 人々の暮らしに身近で、豊かな芸術がここにあります。

There are various sculptures and paintings exhibited within the city, including the paintings that portray Shiogama as a port town.

人形と青いコンポート 夏季日洋展

作者・著者:杉村惇(すぎむら じゅん) 年代:1978年 サイズ:F80 材質・形状:油彩

美術館 | , , |

若き立像

作者・著者:笹戸千津子(ささど ちづこ) 年代:1981年 材質・形状:ブロンズ 収蔵場所:塩竈市公民館 閲覧可

美術館 | , , |

塩竈神社帆手祭 三月十日

塩竈神社帆手祭 三月十日 作者・著者:杉村惇(すぎむら じゅん) サイズ:690 x 495mm 材質・形状:ポスター

美術館 | , |

ふれあいエスプ塩竈

設計:長谷川逸子(はせがわ いつこ) 年代:1999年 材質・形状:鉄筋コンクリート 場所:塩竈市東玉川町9-1

美術館 | , , |

胸像「櫻井辰治」

作者:佐藤允了(さとう いんりょう) 材質:ブロンズ 収蔵場所:市役所外 閲覧可

博物館, 美術館 | , |

上の原の海シリーズ「島の灯り」

作者・著者:関根伸夫(せきね のぶお) 年代:1990年 サイズ:700 x 1200 x 1700mm 材質・形状:石 収蔵場所:塩竈市体育館外部 閲覧可

美術館 | , , |

塩竈港

作者・著者:吾妻篤(あがつま あつし) サイズ:額 500 x 580mm / 370 x 440mm 材質・形状:額装・油絵 収蔵場所:塩竈市公民館

美術館 | , |

民話絵本『古げたのおばけ』

むかしむかし、寒風沢浜の ひとたちが 元屋敷と いう ところに、すんで いたころの おはなしです。 ある ひの ことです。 ひるま、うみにでて いっしょうけんめい はたらいたむらのひとたちは、ひがくれると もうふとんをか … 続きを読む

文学館, 美術館 | , , , |

青木喜山の書 「碧蹄館の句」

作者・著者:青木喜山(あおき きざん) サイズ:850 x 2000mm 収蔵場所:交流センター和室 閲覧可

美術館 | , |

菅野美術館

設計:阿部仁史(あべ ひとし) 年代:2006年 材質・形状:鉄筋コンクリート 場所:塩竈市玉川3丁目4−15

美術館 | , , |

民話絵本『ごんごんごんぼ』(原画)

【原文】 ごんごんごんぼ しおがまの昔話「尾島のごんぼ」より むかし、おじまちょうには、大きな池があって、オオガイやボラなどの魚がたくさんつれたということです。 この池の近くの神社には、ゴンと呼ばれる大きな古ぎつねが住ん … 続きを読む

文学館, 美術館 | , , , |

民話絵本『木田の大だこ』(原画)

【原文】 木田の大だこ 絵と文 木口奈美 野ヶ島の毛無囲に木田とよばれる白いすなのきれいなはまがありました。 ずっと昔ここに一ぴきの大だこがいたそうです。 大だこはここを通るふねをひっくり返し乗っている人を海の中に引きず … 続きを読む

文学館, 美術館 | , , , |

民話絵本『どんどんばさばさ ふるげたのおばけ』(原画)

【原文】 昔、寒風沢島で 起きた お話しです。 子どもたちが 夏休みになった ある夜のこと。 島のどこからか 何とも ふしぎな声が 聞こえてきました。 ふしぎな声は 「鼻いでえ 鼻いでえ」 と、聞こえました。 次の夜も、 … 続きを読む

文学館, 美術館 | , , , , |

民話絵本『きつねのぼっけ』(原画)

【原文】 きつねのボッケ 絵と文・河野 哲平/題字・鎌内恵 むかし、しおがまのにしまちというところに三右衛門というお百姓が住んでいました。 毎日、畑を荒らされて困っていた三右衛門は 「これはきつねのしわざにちがいない、も … 続きを読む

文学館, 美術館 | , , , |

塩竈市美術展ポスター

作者・著者:吾妻 篤(あがつま あつし) 年代:2002年-2010年 材質・形状:ポスター 収蔵場所:生涯学習センター

美術館 | , |