古の塩竈は都人たちの憧れの地でした。その美しい風景は多くの歌人たちの詩情を呼びおこし、塩竈をうたった歌がたくさん生まれ、歌枕の地となりました。 時代が移っても、塩竈で多くの文学作品が生まれました。

There have been many famous poems written about Shiogama, and the name even became a term of Utamakura. Even as time periods changed, a lot of poets visited the city.

鹽竈百人一首 |菊葉和歌集(朧夜の月にたくもの煙だに霞みなそへそ塩がまの浦)

【原文】 朧夜の月にたくもの煙だに霞みなそへそ塩がまの浦 【現代語訳】 せめて朧月夜の晩だけでも、塩焼く煙を春霞に添えないでおくれ。塩竈の浦よ。 作者・著者:菊葉和歌集・従三位政子 サイズ:270 x 540mm 材質・ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |最勝四天王院和歌(あさくても春と分けたる朝ぼらけかすめる浪はしほがまのうら)

【原文】 あさくても春と分けたる朝ぼらけかすめる浪はしほがまのうら 【現代語訳】 春がまだ浅いのに、それでも朝方の白波が霞んで見えるのは、春の霞ではなく塩釜の浦の塩を焼く煙だったのですね。 作者・著者:最勝四天王院和歌・ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(かりが音の声吹送る春風にけぶりもなびく塩竈の浦)

【原文】 かりが音の声吹送る春風にけぶりもなびく塩竈の浦 【現代語訳】 塩竈の浦には、北へ帰る雁の声を送る春風が吹いてくる。それと共に春霞があたり一帯にぼんやりと立ち籠めてくることだ。 作者・著者:夫木和歌抄・権小僧都季 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |最勝四天王院和歌(あま人の浪間にみゆる白妙の衣手かすむしほがまのうら)

【原文】 あま人の浪間にみゆる白妙の衣手かすむしほがまのうら 【現代語訳】 海人が波の間に見え隠れしている。その塩竈の浦には霞がかかって海人の衣の袖もぼんやりと見えることだ。 作者・著者:最勝四天王院和歌・秀能 サイズ: … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新古今和歌集(ふけゆかば煙もあらじしほがまのうらみなはてそ秋のよの月)

【原文】 ふけゆかば煙もあらじしほがまのうらみなはてそ秋のよの月 【現代語訳】 夜が更けたならば、塩焼く煙も立たないでしょう。だから秋の夜の月よ、煙を立てる塩釜の浦を恨み尽くしてはいけないよ。 作者・著者:新古今和歌集・ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |忠度集(しほがまのむかしのあとはあれはててあさぢが原にうづらなくなり)

【原文】 しほがまのむかしのあとはあれはててあさぢが原にうづらなくなり 【現代語訳】 塩釜を模し、豪奢を極めた庭園はすっかり寂れてしまった。浅茅が茂る荒れ地には鶉が、「憂し、辛し」と啼いているようだ。 作者・著者:忠度集 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |嘉元百首(春のくるいづくはあれど朝霞けぶりに深きしほがまの浦)

【原文】 春のくるいづくはあれど朝霞けぶりに深きしほがまの浦 【現代語訳】 春の訪れが美しいどの地と比べても、朝霞が深く煙る、塩竈の浦の景色ほど素晴らしいところはありますまい。 作者・著者:嘉元百首・法印定為上 サイズ: … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |続古今和歌集(けぶりたつあまのとまやも見えぬまでかすみにけりなしほがまのうら)

【原文】 けぶりたつあまのとまやも見えぬまでかすみにけりなしほがまのうら 【現代語訳】 煙を立てて塩を焼く、その海人の苫屋も見えないほどに、春霞が漂っているのですね、塩釜の浦は。 作者・著者:続古今和歌集・大納言経信 サ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |隆祐集(塩がまの昔の煙あともなしかすみはすゑにたちかくれども)

【原文】 塩がまの昔の煙あともなしかすみはすゑにたちかくれども 【現代語訳】 塩釜を象ったという融大臣はその昔、河原院で藻塩を焼いて陸奥の風情を楽しんだというが、今はその面影もない。春の霞だけは野末に立ち隠れているものの … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新後拾遺集(しほがまの浦より外もかすめるをおなじ煙のたつかとぞみる)

【原文】 しほがまの浦より外もかすめるをおなじ煙のたつかとぞみる 【現代語訳】 塩竈の入り江の内側も外側も、同じように霞がかかっています。まるで、遙か遠い沖の方でも塩焼く煙が漂っているように思われます。 作者・著者:新後 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |万代和歌集(しほがまのうらにけぶりはたつらめど見えぬやはるのかすみなるらん)

【原文】 しほがまのうらにけぶりはたつらめど見えぬやはるのかすみなるらん 【現代語訳】 塩釜の浦に塩焼く煙こそ立ちますが、春に霞は現れないのでしょうか。霞と煙の区別がなかなかつけ難いのです 作者・著者:万代和歌集・源忠季 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(秋はなほたちそふなみと見ゆるかなまがきのしまのしらぎくの花)

【原文】 秋はなほたちそふなみと見ゆるかなまがきのしまのしらぎくの花 【現代語訳】 籬島の白菊の花が咲き競う秋は、なお一層白波が立っているように見えることですよ。 。 作者・著者:夫木和歌抄・覚盛法師 サイズ:270 x … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |金槐集(しほがまの浦の松風かすむなりやそしまかけて春や立つらん)

【原文】 しほがまの浦の松風かすむなりやそしまかけて春や立つらん 【現代語訳】 塩釜の浦の、松の木の間を暖かな風が吹き抜けていく。海に浮かぶ島々は春の霞につつまれて、今日の立春を迎えることでしょう。 作者・著者:金槐集( … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(道のくのちかの浦にて見ましかばいかにつつじのをかしからまし)

【原文】 道のくのちかの浦にて見ましかばいかにつつじのをかしからまし 【現代語訳】 陸奥の千賀の浦ではないが、もしも近くで見たならばどんなにか躑躅の岡のつつじは趣深いことでしょう。 作者・著者:夫木和歌抄・右近大将道綱卿 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新古今和歌集(ふるゆきにたくもの煙かきたえてさびしくもあるかしほがまのうら)

【原文】 ふるゆきにたくもの煙かきたえてさびしくもあるかしほがまのうら 【現代語訳】 降る雪で、藻塩焼く煙がすっかりと消えてしまい、寂しいことです。塩釜の浦は。 作者・著者:新古今和歌集・入道前関白太政大臣 サイズ:27 … 続きを読む

文学館 | , |