古の塩竈は都人たちの憧れの地でした。その美しい風景は多くの歌人たちの詩情を呼びおこし、塩竈をうたった歌がたくさん生まれ、歌枕の地となりました。 時代が移っても、塩竈で多くの文学作品が生まれました。

There have been many famous poems written about Shiogama, and the name even became a term of Utamakura. Even as time periods changed, a lot of poets visited the city.

『はて知らずの記』

【原文】 汽車鹽竈(しほがま)に達す。取りあへず鹽竈神社に詣づ。敷百級の石階幾千株の老杉足もとひやひやとして己に此世ならぬ心地す。神前に跪き拜し畏りて和泉三郎寄進の鐡燈籠を見る。大半は當時の物なりとぞ、鐡全く錆びて側の大 … 続きを読む

文学館 | , , |

『山水小記』(仙台から金華山へ)

【原文】 鹽竈の町は半は港で半は漁市といふさまであつた。大漁の模様のついたどてらを着た漁師、細い通りに處々に並んでゐる青樓(せいろう)の浅黄(あさぎ)の暖簾(のれん)、ある旗亭(きてい)から三味線の音が湧くやうに聞こえた … 続きを読む

文学館 | , , |

『塩竈まうで』

【原文】 神無月ついたち、年月の本意かなひて、此の国の一の宮にまうでけり。さるは、かねてより此の日に御供奉らんと案内しおきて、雨にも障らじと思ひ立ちぬれば、心おだしきものから、みそかのよひより、嵐だちて降出でたるが、よも … 続きを読む

文学館 | , , |

色紙 年忘れの句「一湾の眺めを肴年忘れ」

【原文】 年忘れの句 一湾の眺めを肴年忘れ 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:270 x 240mm 材質・形状:色紙

文学館 | , |

色紙 鉄棒の句「鉄棒に少年二人二日の朝」

【原文】 鉄棒の句 鉄棒に少年二人二日の朝 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:270 x 240mm 材質・形状:色紙

文学館 | , |

「しどみ咲く頃の幻少年記」

【原文】 しどみ咲く頃の幻少年記 【解説】 かつて鬼房少年が遊んだ思い出の地の俳句です 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) 材質・形状:石碑 収蔵場所:宮城県塩竈市栄町 (一森山西側)「鬼房小径」 地図 より大きな … 続きを読む

文学館 | , |

「しばらくは風を薫らす溺谷」

【原文】 しばらくは風を薫らす溺谷 【解説】 溺谷の地形のこの場所にふさわしい俳句です 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) 材質・形状:石碑 収蔵場所:宮城県塩竈市栄町 (一森山西側)「鬼房小径」 地図 より大きな … 続きを読む

文学館 | , |

「蛟龍(こうりゅう)よ塩竈の月とくと視よ」

【原文】 蛟龍(こうりゅう)よ塩竈の月とくと視よ 【解説】 塩竈の地名がはいった俳句。蛟龍―若い龍、つまり塩竈の若者よ自らの場(月)を見つめよとの激励句です 作者・著者:佐藤鬼房(さとうおにふさ) 材質・形状:石碑 収蔵 … 続きを読む

文学館 | , |

「姥杉の樹齢や緑雨こまやかに」

【原文】 姥杉の樹齢や緑雨こまやかに 【解説】 一森山の杉林を西側に望む場所にふさわしい俳句です 作者・著者:佐藤 鬼房(さとう おにふさ) 材質・形状:石碑 収蔵場所:宮城県塩竈市栄町 (一森山西側)「鬼房小径」 地図 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |平家物語(思ひかね心は空にみちのくのちかのしほがまちかきかひなし)

【原文】 思ひかね心は空にみちのくのちかのしほがまちかきかひなし 【現代語訳】 あなたへの思いを抑えかねて、心は身体から離れて空いっぱいに満ちております。みちのくの「千賀の塩釜の貝」ではありませんが、あなたの傍らに私の心 … 続きを読む

文学館 | , |

「夕霞小狐ならば呼びとめん」

【原文】 夕霞小狐ならば呼びとめん 【解説】 古くからこの地域の人々の信仰の対象である丸山稲荷にちなむ俳句です 近くに「赤坂やっこ」の伝説があります 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) 材質・形状:石碑 収蔵場所: … 続きを読む

文学館 | , |

「観自在合掌童女山の澄み」

【原文】 観自在合掌童女山の澄み 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:100 x 148mm 材質・形状:はがき

文学館 |

色紙 太陽の句「萌えどきの太陽は黄卵生くるべし」

【原文】 太陽の句 萌えどきの太陽は黄卵生くるべし 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:270 x 240mm 材質・形状:色紙

文学館 | , |

色紙 雨乞石の句「雨乞の石を叩けば潮(うしほ)の香」

【原文】 雨乞石の句 雨乞の石を叩けば潮(うしほ)の香 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:270 x 240mm 材質・形状:色紙

文学館 | , |

色紙 冬雀の句「音もなく散りもう来ない冬雀」

【原文】 冬雀の句 音もなく散りもう来ない冬雀 作者・著者:佐藤鬼房(さとう おにふさ) サイズ:210x180mm 材質・形状:色紙

文学館 | , |