古の塩竈は都人たちの憧れの地でした。その美しい風景は多くの歌人たちの詩情を呼びおこし、塩竈をうたった歌がたくさん生まれ、歌枕の地となりました。 時代が移っても、塩竈で多くの文学作品が生まれました。

There have been many famous poems written about Shiogama, and the name even became a term of Utamakura. Even as time periods changed, a lot of poets visited the city.

鹽竈百人一首 |新千載和歌集(こぐ船も浪のいづくにまよふらん霞のおくのしほがまのうら)

【原文】 こぐ船も浪のいづくにまよふらん霞のおくのしほがまのうら 【現代語訳】 艪を漕ぐ船は今頃、波間で迷っていることだろう。春霞の奥深くに紛れるように横たわる、塩竈の浦を目指すのでは。 作者・著者:新千載和歌集・藤原為 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(塩竈のまがきの島のそなれ松浦さびしくも年ふけにけり)

【原文】 塩竈のまがきの島のそなれ松浦さびしくも年ふけにけり 【現代語訳】 塩竈の籬の島に茂る松は、風ですっかり腰が曲がったように地に枝を這わせています。長い年月を経て年老いた松はぽつんと浜辺に茂って、もの寂しそうに見え … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(みちのくのまがきわたりはおしなべてわかめかりにとあまも行きかふ)

【原文】 みちのくのまがきわたりはおしなべてわかめかりにとあまも行きかふ 【現代語訳】 陸奥の籬島周辺では、一様にあまが若布を求めて盛んに行きかっております。 作者・著者:夫木和歌抄・大納言師氏卿 サイズ:270 x 5 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(はるの月まつにかすみをふかみどりやまのはもなきしほがまのうら)

【原文】 はるの月まつにかすみをふかみどりやまのはもなきしほがまのうら 【現代語訳】 春の月が松に懸かり、深緑の山の端も塩竈の浦も、霞の深まりの中に溶け込んで姿を消していくようです。 作者・著者:夫木和歌抄・具親朝臣 サ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(哀とやかすむにつけて塩がまの沖こぐ舟のとほざかる声)

【原文】 哀とやかすむにつけて塩がまの沖こぐ舟のとほざかる声 【現代語訳】 なんと趣き深いことか。塩竃の浦を漕ぎ行く舟は霞の中に紛れていき、艪を漕ぐ音だけが次第に遠ざかっていくことよ。 作者・著者:夫木和歌抄・後久我太政 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |夫木和歌抄(ゆめにこそ宮このこともみるべきをそでになみこすちかのしほがま)

【原文】 ゆめにこそ宮このこともみるべきをそでになみこすちかのしほがま 【現代語訳】 夢にこそ都にいるあなたが現れるはずなのに、少しも現れません。それは、あなたが私のことをお忘れになったからなのでしょうね。ですから私は千 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |続拾遺和歌集(かきくらしふるしら雪にしほ竈の浦の煙もたえやしぬらん)

【原文】 かきくらしふるしら雪にしほ竈の浦の煙もたえやしぬらん 【現代語訳】 空一面を真っ暗にして降る白雪の為に、塩釜の浦の、塩焼く煙も絶えてしまうのではないでしょうか。 作者・著者:続拾遺和歌集・法性寺入道前関白太政大 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |土御門御集(霧さむき籬の島の冬がれに浪の花もや色かはるらん)

【原文】 霧さむき籬の島の冬がれに浪の花もや色かはるらん 【現代語訳】 霜が冷たく降りて、冬枯れした籬の島に寄せる浪の花も、きっと寒さで色変わりすることでしょう。 作者・著者:土御門御集(土御門院) サイズ:270 x … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |安法法師集(としふりてあまそなれたる塩竈のうらのけぶりはまだぞのこれる)

【原文】 としふりてあまそなれたる塩竈のうらのけぶりはまだぞのこれる 【現代語訳】 (融大臣が亡くなって)年月が経った今でも、塩竈を象ったこの河原院では海人の塩焼く遺風が伝えられて、煙を立てていることです。 作者・著者: … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |玄玉和歌集(立ちわたる春の霞もわかれぬはけぶりになるるしおがまの浦)

【原文】 立ちわたる春の霞もわかれぬはけぶりになるるしおがまの浦 【現代語訳】 一面に立ち込める春の霞がここ塩釜の浦を立ち去り難いのは、塩焼く煙と馴れ親しんだせいなのでしょう。 作者・著者:玄玉和歌集・太宰大弐重家 サイ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新古今和歌集(みし人の煙になりし夕よりなぞむつまじきしほがまの浦)

【原文】 みし人の煙になりし夕よりなぞむつまじきしほがまの浦 【現代語訳】 親しかった方が煙となって消えてしまった夕方以降、「睦まじ」という音に通う「陸奥(むつ)」の国の「塩釜の浦」でたなびく、塩焼きの煙までもが慕わしく … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |新続古今和歌集(いつしかと霞みにけりなしほがまの浦ゆく舟のみえまがふまで)

【原文】 いつしかと霞みにけりなしほがまの浦ゆく舟のみえまがふまで 【現代語訳】 いつの間にかすっかりと霞んでしまったなあ。塩釜の浦を漕ぎゆく舟が霞の中に紛れるほどであるよ。 作者・著者:新続古今和歌集・源俊頼朝臣 サイ … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |重之集(あらなみのまがきのしまに立ちよればあまこそつねにたれととがむれ)

【原文】 あらなみのまがきのしまに立ちよればあまこそつねにたれととがむれ 【現代語訳】 荒波が厳重に取り囲んで人を監視するという、その籬島に立ち寄ると、すぐさま海人がやってきてあなたは誰かと咎めることだ。 作者・著者:重 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |続後拾遺和歌集(塩がまの浦のけぶりの一すぢにたつともみえずかすむ空かな)

【原文】 塩がまの浦のけぶりの一すぢにたつともみえずかすむ空かな 【現代語訳】 塩竈の塩焼く煙は尋常に立っているとも思われません。それほどに霞がかった空模様なのです。 作者・著者:続後拾遺和歌集・権中納言公雄 サイズ:2 … 続きを読む

文学館 | , |

鹽竈百人一首 |正治後度百首(ゆふされば松風さむみ雁なきて浜ぢさびしきちかの塩がま)

【原文】 ゆふされば松風さむみ雁なきて浜ぢさびしきちかの塩がま 【現代語訳】 夕方になると松林を吹く風が冷たいので、秋が来たと雁が鳴いて渡ってくる。千賀の塩竈の浜辺の路はもの寂しげであることよ。 作者・著者:正治後度百首 … 続きを読む

文学館 | , |