鹽竈神社によって塩竈が栄えたってどういうこと? ~鹽竈神社と町民~

答え

仙台せんだい藩主はんしゅ伊達家だてけに守られ、塩竈しおがまの町は港町みなとまちとして、門前町もんぜんまちとして栄えました。
江戸時代から続く鹽竈神社の帆手祭ほてまつり花祭はなまつり※1のはじまりは塩竈の町がおとろえたことと、そこからの復興に大きく関わっています。

  • 鹽竈神社
    現在の鹽竈神社
  • 鹽竈神社縁起
    鹽竈神社縁起(部分)/ 元録六(1693年)/ 鹽竈神社

もっと詳しく

仙台せんだい藩主はんしゅ鹽竈しおがま神社じんじゃをとても大切にしていました。塩竈しおがまの町がおとろえることは鹽竈神社がおとろえることと考えていたのでしょう。

病気や火災、不作が続き、さらに港に入る船が減り苦しむ港町みなとまち塩竈を復興ふっこうさせるために、仙台藩が塩竈を守る特別の命令を出しました。また、塩竈町民も鹽竈神社の力を借りて、塩竈の町を再びにぎやかに発展はってんさせるために祭をはじめました。

町の発展と平和を願う小さな行事から、やがて神輿みこしが多くの参加者とともに町に出る、町民の多くが参加する町の祭へと発展はってんしました。神を乗せた神輿が町に出ていくことにより、町民が鹽竈神社を信じる気持ちを深めたことでしょう。

さらに、4代藩主伊達だて綱村つなむら(1659~1719)は、昔からの神のおんに感謝し、今後の発展を祈って、鹽竈神社を現在に残る立派な社殿しゃでんに造り替えました。

  • 鹽竈神社
    江戸時代の鹽竈神社のようす
  • 鹽竈神社
    江戸時代の鹽竈神社のようす

補足説明

※1 帆手祭や花祭
帆手祭や花祭:天和てんな2(1682)年に始まる「帆手祭」、安永あんえい7(1778)年に始まる「花祭」は、ともに塩竈の発展を願って氏子(神を信じる者)により始められ、昭和23(1948)年より「みなと祭」が加わって「氏子三大祭」と呼ばれる。