藤塚知明ってどんなひと? ~塩竈の文化に尽くした人々~

答え

江戸時代中期(18世紀)、鹽竈しおがま神社じんじゃ神官しんかんとして神さまのために仕事を
するとともに、神さまについて研究しました。
また、仙台せんだいはんを代表する学者として江戸えど幕府ばくふはやし子平しへい※1
などの文化人ともつながりがありました。

  • 藤塚知明の墓碑
    藤塚知明の墓碑
  • 烟波亭跡
    烟波亭跡

もっと詳しく

1738年(天文てんもん3年)桃生郡十五浜(今の石巻市いしのまきし雄勝町おがつちょう大須浜おおすはまが)の漁師りょうしの家に生まれ、子どもころの名は千之助せんのすけ(あるいは子之助)といいます。

両親が亡くなった後、仙台肴町さかなまちの魚問屋「永野屋」、仙台大崎八幡はちまん神社の神官である山田家のもとで育てられ、そして鹽竈神社の神官である藤塚ふじつか知直ともなおの娘のじゅんと結婚し、藤塚ふじつか式部しきぶ知明ともあきと名前を変えました。

知明は勉強にはげみ、古くから伝わった神道しんとうを深く研究し、「塩竈しおがま社古しゃこ説伝せつでん」を書きました。多くの食料不足の人々を救うために、食用になる野草などを紹介する本を書きました。また、日本や中国の本を一万冊以上集め「名山蔵」(今の鹽竈神社博物館の近くにつくった書庫)をつくり、この中の本を利用し林子平が「海国かいこく兵談へいだん※2を書いたといわれています。

林子平ら多くの学者・文化人が知明の家(今の鹽竈神社博物館)や別荘である烟波亭えんばてい(今の塩竈市西町)を訪ね、さかんに交流をしました。1800年(寛政かんせい12年)桃生郡鹿又村(石巻市鹿又かのまた)で63歳の一生を終えました。お墓は塩竈市みのが丘の雲上寺うんじょうじ管理の墓地にあります。

補足説明

※1 はやし子平しへい
江戸時代後期(1738~1793)の政治・経済学者で、仙台藩の武士。外国のことに詳しく、外国から日本を守ることの必要性を強くうったえました。
※2 海国かいこく兵談へいだん
林子平が寛政3(1791)年、外国に対する軍備を早く整えることを書いた本です。江戸幕府の命令で本を作ることや売ることを禁止されました。