小池曲江ってどんなひと? ~塩竈の文化に尽くした人々~

答え

江戸時代後期の塩竈しおがま出身しゅっしんの日本画家で、仙台藩せんだいはん四大画家しだいががの一人です。
一生の多くを旅に暮らした画家で、
各地の風景を目で見たままに細かく美しくえがきました。

  • 小池曲江の絵(自画像)
    小池曲江の自画像
  • 塩竈松島図屏風
    塩竈松島図屏風

もっと詳しく

1757年(宝暦ほうれき7年)塩竈しおがま本町もとまちに生まれました。本名を維則これのりといい、呼び名を周蔵しゅうぞうといいました。曲江きょくこう雅号がごう(本名の他につける風流ふうりゅうな名前)です。

若い時から絵の道に進むことを望み、22歳のころ江戸で評判の高かった松村まつむら瑶江ようこうの弟子となり、一生懸命に絵を学びました。50年間にわたり全国を旅行し、各地の風景をかいています。

曲江の絵は、目で見たままを細やかに美しくかく写生画しゃせいがのような絵のかき方です。「松島塩竈図屏風びょうぶ※1は天皇もご覧になり、曲江の絵はすばらしい絵であることを多くの人が感じていました。

曲江はあずま東洋とうよう(1755~1839)・菅井すがい梅関ばいかん(1784~1844)・菊田きくた伊洲いしゅう(1791~1853)とともに、仙台藩四大画家の一人です。1847年(弘化こうか4年)90歳でなくなり、雲上寺うんじょうじ※2でねむっています。

  • 小池曲江の絵(芭蕉文治灯籠を見るの図)
    芭蕉翁見文治灯籠図
  • 文治鉄灯
    文治鉄灯
  • 小池曲江の墓
    小池曲江の墓

補足説明

※1 松島塩竈図屏風
細やかに絵筆を使い、立派で品のあり生き生きと、どこまでも広がる松島と塩竈の景色をかいた曲江のふるさと塩竈への思いが伝わる代表作です。
※2 雲上寺
塩竈市南町にある浄土宗のお寺です。