「四口の神竈」ってなぁに? ~塩竈の文化財~

答え

塩竈市しおがまし本町もとまち御釜神社※1にある神竈しんかま」とよばれる鉄でつくられた平らなかまです。
御釜神社では、古い時代の塩づくりを現代に伝える
藻塩焼もしおやき神事しんじ※2」(宮城県指定無形むけい民俗みんぞく文化財ぶんかざい※3)が毎年7月に行われています。

  • 四口の釜
    神竈
  • 藻塩焼き神事
    藻塩焼き神事

もっと詳しく

鹽竈神社の末社である御釜神社には、鹽竈神社と同じ塩土しおつち老翁神おじのかみ※4がまつられています。

塩土老翁神は人々に塩づくりを教え広めたと伝えられています。

4つある御釜神社の神竈は、塩土老翁神が塩づくりに使ったとされる鉄でつくった釜をまねて、鎌倉かまくら時代※5南北朝なんぼくちょう時代※6につくられたといわています。

この神竈は直径1.4mほどの鉄釜で、いつも海水が入っており、「釜の水があふれない、水がなくならない」「変わったことがあると釜の水の色が変わる」などの言い伝えがあり、日本にほん三奇さんき※7の一つにも数えられています。

  • 奥州名所図絵
    奥州名所図絵
  • 御釜神社
    御釜神社

補足説明

※1 御釜神社
鹽竈しおがま神社じんじゃ末社まっしゃです。
※2 藻塩焼神事
古代の塩づくりを伝える神社の儀式ぎしきです。
※3 無形民俗文化財
四季折々の祭りや年中ねんじゅう行事ぎょうじ、民俗芸能や生活に関わる製作技術などです。
※4 塩土老翁神
日本神話しんわに登場する神、海の神(別名は塩筒しおつち老翁神おじのかみ塩竈しおがま明神みょうじん
※5 鎌倉時代
約700年~900年前(1192~1333年)、平安時代と南北朝時代の間の武士が政治の中心になった時代
※6 南北朝時代
約700年前(1333~1392年)、鎌倉時代と室町時代の間の武士から天皇が一時的に政治の中心となりましたが、室町幕府ができてから天皇が京都と吉野よしの(奈良県)に同時にいて、全国で戦乱せんらんがおこった時代
※7 日本三奇
四口の神竈、いし宝殿ほうでん兵庫県ひょうごけん高砂市たかさごし)、天逆鉾あまのさかほこ宮崎県みやざきけん高原町たかはるちょう