「寒風沢島の造艦碑」 ってなぁに? ~塩竈の文化財~

答え

江戸時代えどじだいわり、日本にほんにはたくさんの外国船がいこくせん来港らいこうするようになりました。

日本を外国にほん がいこくからまもるための大型船おおがたせんをつくることを幕府が許ばくふ ゆるしたため
仙台藩せんだいはん※1東北で初とうほく はじめての西洋型軍艦「開成丸せいようがたぐんかん かいせいまる」をつくりました。

設計指導に当せっけいしどう あたった三浦乾也の仕事が仙台藩主みうらけんや しごと せんだいはんしゅにたたえられたことを記念きねんし、
三浦の弟子みうら でしたちにより寒風沢島さぶさわじまにこの石碑せきひてられました。

  • 開成丸訓練帰帆図
    開成丸訓練帰帆図
  • 開成丸模型
    開成丸模型

もっと詳しく

仙台藩は、養賢堂ようけんどう※2副学頭ふくがくとう小野寺おのでら鳳谷ほうこく(1810~1866)を総責任者、長崎で西洋型せいようがた軍艦ぐんかんをつくる技術を学んだ三浦乾也(1821~1889)を江戸よりまねき総棟梁とうりょう天文てんもん学者の村田むらた善次郎ぜんじろう(1816~1878)を責任者として、寒風沢さぶさわ島に造船所ぞうせんじょをつくり安政あんせい3(1856)年から開成丸の建造が始まりました。

安政4(1857)年、完成した開成丸は長さ33m、幅7.6m、高さ5.8m、2本マスト、大砲9門を備えていました。

仙台藩主伊達だて慶邦よしくに(1825~1874)※3、東北の諸藩主も寒風沢での進水式※4に参加しました。しかし、開成丸は進水後数年ほどで米を江戸に運んだのち石巻いしのまきで解体されました。江戸まで片道1ヶ月かかっており、軍艦として速力が不足していました。

石でつくられた造艦碑(たて2.3m、よこ1.2m)は三浦乾也の弟子らにより、安政4(1857)年に建てられました。碑の裏面には、開成丸をつくった人々、設計に協力したとみられる天文学者や数学者の名前がほられています。

  • 寒風沢造鑑の碑
    寒風沢造鑑の碑

補足説明

※1 仙台藩
江戸時代(1603~1867)に伊達家が支配した地で、現在の宮城県のほぼ全域と岩手県の南部を含む地域。現在の仙台市に城(仙台城、別名で青葉城)をつくりました。
※2 養賢堂
仙台藩の藩校(武士の子どものための教育施設)
※3 伊達慶邦
江戸時代終わり、初代政宗まさむねからかぞえて13代目仙台藩主
※4 進水式
つくった船を初めて水につける儀式ぎしき