塩竈市について

おいしさと笑顔がつどう みなとまち 塩竈

塩竈市

塩竈市について

塩竈市は東北のほぼ中央部、仙台市の北東約16㎞に位置し、特別名勝松島の一画、千賀ノ浦(塩竈湾)を囲むように位置します。 市域面積は浦戸諸島を含めても17.86㎢で、東北の市の中で最も狭く、人口は57,837人(平成22年3月末日現在)と人口密度が高い都市です。 まちの歴史は古く、市内に残る新浜遺跡、母子沢遺跡等や多くの貝塚が示すように、縄文時代から今日に至るまで、数千年にわたって、塩竈の地で人々の生活が営まれてきました。古代には陸奥の国府多賀城の津として、平安時代には歌枕の地として都人の憧れの地となり、藩政時代には鹽竈神社の門前町や漁港として栄えました。明治以降は、東北で初めての鉄道である東北本線の開通、重要港湾に指定されるなど、近代東北の玄関口として重要な役割を果たしてきました。さらに、水産・水産加工業とそれに関連する産業を基盤として、近隣市町の商業の中心地区、松島観光の基点として発展しています。
公共交通機関としてJR東北本線・仙石線の2線4駅のほか、市内を結ぶ循環バス路線や、平成22年より運行を開始したNEWしおナビ100円バスがあり、道路交通についても市内を国道45号線が縦断し、主要県道も西と南から市内に接続しています。更には三陸自動車道とのアクセスが身近となり、東北の海の玄関口に相応しい交通体系下にあります。 平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、塩竈市にも甚大な被害を与えました。多くの尊い命が奪われ、生活の基盤が失われました。市民生活は、これまで経験したことのない大変な困難と直面しましたが、市民の助け合いと協力、様々な支援によって、復旧と復興に向けて進み始めることができました。 塩竈市では現在、市政運営の基本である「第5次塩竈市長期総合計画」と、震災からの復興を実現するための「塩竈市震災復興計画」を両輪に、「おいしさと笑顔がつどう みなとまち 塩竈」の実現を目指し、まちづくりに取り組んでいます。

市の位置(市役所)

東経 141 度 1 分31 秒 北緯 38 度 18 分41 秒

市の木 鹽竈桜 -City tree-

鹽竈桜里桜系八重桜。淡い紅色の大輪で、雌しべが変化した三枚の小さな葉が花の中心に見られる
市の花 -City flower-
塩竈市の花
市章 -Emblem-
塩竈市市章
ロゴマーク -Logo-
塩竈市ロゴマーク
ロゴタイプ -Logotype-
塩竈市ロゴタイプ

JPN|ENG

About Shiogama city

Shiogama city is located in the center of the Tohoku area (Northeast Japan), about 16km northeast of Sendai. It is located along Chiganoura (Shiogama Bay) and it is a part of the Special Places of Scenic Beauty Matsushima. The city covers an area of 17.86k㎡ including the Urado Islands. It’s the smallest city in Tohoku, however it has a large population of 57,387 (as of March, 2010) in its limited area. A number of ruins such as Niihama and Hahakzawa, and shell mounds from the Jomon period remain in the city, a testament to the many thousands of years that people have lived in Shiogama.   In ancient times, Shiogama became a Mecca for the townsfolk because it was known as 陸奥の国府多賀城の津, and it was also known as a place with poetic associations in the Heian period. It prospered as a temple town of Shiogama shrine and fishing port in the Edo period. After the Meiji period, the Tohoku Line train (the first railroad in Tohoku) was opened. The city was designated as a national important port, and has played an important role as the gateway of modern Tohoku. It developed as a central business city for the surrounding area, and supports Matsushima tourism based on its marine product and marine product processing industry, and other related industries. As for public transport, there are the JR Tohoku and Senseki lines. Also, belt-line busses circulate throughout the city. In 2010, a NEW Shionavi 100 yen bus began operation. With regards to road traffic, route 45 crosses the city and main prefectural rode from west and south, making it easier to connect to the city. Also, the Sanriku Expressway became more accessible. Now, the city is working on community development based on “The fourth long-term comprehensive plan”. With “Shiogama: the community with sea, food and people” as our urban image, “The fifth long-term comprehensive plan” begins in 2011. We are proceeding with the plan by making the best creative use of our sea and food resources to enact attractive community development. Our aim is for citizens to enjoy the richness of our city. We want it to become a place where people, things and information connect via the sea and our local foods.

Location of the city(city hall)

141° 1′ 31″ E 38° 18′ 41″ N

日本語|ENG