亀井邸

博物館 | |
  • ツイッターボタン
  • フェイスブックボタン
  • グーグルバズボタン
  • ヤフーボタン
  • はてブボタン
  • デリシャスボタン





亀井邸 (かめいてい)

鹽竈神社裏坂の大鳥井をくぐり、左手の高台を見上げると、赤松に囲まれた洋館と和風住宅が見えます。これは、亀井商店「現、総合商社カメイ㈱」の初代社長の亀井文平氏が大正13年に建てた塩釜港の繁栄と亀井商店の隆盛を象徴する建物です。

亀井邸は建築史的に見ると「和洋併置式住宅」と呼ばれる様式の建物です。この様式は、明治時代、上流階級(皇族、華族階級)の大邸宅に用いれられた「和洋二館住宅」を庶民(といっても相当な上層階級)にも手が届くようにしたもので、伝統的な和館(日本建築)に洋館(西洋建築)を併置して建てられています。和館と洋館、共に豊富な資金と、優れた材料、優れた技術が投入され、随所に当時流行した様々な意匠(デザイン)を取り込みつつ相当に手をかけて造りこんでいます。例えば、洋館の外壁には当時パリから始まった植物の枝や蔓(ツル)を思わせる曲線の流れを特色とするアールヌーボー様式ウィーンを起点とする水平線、垂直線を強調し、幾何学模様を多用するセッション様式のデザインも取り入れられ、現代の左官技術においての再現は難しいデザイン様式を取り入れています。また、和館部分には当時の町屋建築に多く見られる出桁(ダシゲタ)造り※を住宅に採用しています。

洋館の建具には、数寄屋建築に見られる丸窓や幾何学的形態や機能美を求めたアールデコ様式を採用し、家具には宮城県地方独特な室内装飾である押込箪笥(桐箪笥)を大胆に用いています。和館二階の雪見障子にも、当時の工法で作った砂磨りガラスを用いているほか、建具の取手もひとつひとつ手作りで、一階の離れには七宝焼きの取手や二階の小部屋には日本石油(現・新日本石油)の社章である「こうもり印」をかたどった鋳物の取手など、地元の固有デザインが取り入れられています。亀井邸が建築された大正13年頃を挟む大正から昭和初期は、材料の流通が活発かし、高品質の材料が手に入りやすくなっており、また、木材を加工する諸道具類(いわゆる大工道具)の発達が頂点に達し、技術者(大工を初めとして、左官工、建具工、瓦屋などの関連職人を含む)の技術も最高潮に達した伝統的な日本建築の一つの頂点の時期とされています。亀井邸は日本と世界的なデザインとが融合した意匠を作り出していると言う点で、他に類例を見ないきわめて貴重で、港町塩竈の大正ロマンを感じる魅力的な建物です。

亀井商店の創業と亀井文平

亀井商店(現・総合商社カメイ)は、明治36年7月仙台市大町で雑貨商を営む高野商店での奉公を終えた亀井文平氏が、塩竈町門前52番地(現、塩竈市宮町3番15号・丹六園西隣)に暖簾を掲げました。文平氏が20歳、岩手県岩谷堂の故郷を出て数年後のことです。当時の塩竈は、明治20年に東京・塩釜間を起点とする東北本線が開通し、同時に電信も開通するなど、近代都市の整備が充実し、仙台の門戸港として、また東北各地へ出入りする貨物の中継基地として賑っていました。文平氏は、荷揚げに便利であった祓(ハライ)川(現北浜・沢乙線)に面した場所に砂糖、小麦粉、食用油、髪油、灯油やろうそくの製造販売の店を開店しました。
明治20年に東京茅場町で火力発電が建設され、電灯の一般営業が始まり、44年には塩竈でも電灯が利用されるようなました。明治末期には都市部においては、ランプから電灯に代わり灯油は斜陽化しつつありましたが、石油が固形燃料に比して種々の特徴を有することが広く認知されるようになり、明治30年以降、一般に使用されるようになっていました。 
古くからの産油地である新潟県尼瀬(石油産業発祥の地)においては、26年に日本石油が株式会社となり、新潟県は、石油ブームに沸き、こうもり印などの国産越後油の名を広めていました。日本石油㈱は東北に販路を求めて、活況を呈していた塩釜港に着目し、当時砂糖、酒類等を手広く扱っていた遊佐一貫堂に販売を申し入れましたが、同店は薬種(塩竈番紅湯(ばんこうゆ)「サフラン湯(とう)」等)も商っており、石油は臭気が強く危険な物と視られていたこともあり、販売を断ったと伝えられています。これを聞いた文平氏は、この販売権を獲得することこそが亀井商店将来にわたる基礎を築くことと考え、日本石油に嘆願に努め、ついに41年に三陸沿岸の日本石油代理販売店の資格を取得しました。

この頃の塩釜港は、明治15年に始まる開港場(カイコバ)の埋立てによる港湾整備が進み、明治43年には、塩釜港は東北で初めてとなる国の重要な港湾として整備促進する第2種港湾の指定を受け、明治45年には県内で二番目となる近代的上水道(現権現堂浄水場)の完成を契機に東北で始めてとなる製氷会社塩釜製氷㈱が設立され、いつでも氷があるということから、外来船が増加しました。
大正4年には第一期築港工事が起工され、東北発となる商港としての整備が進められるなか、東京、函館への航路も開かれ、北海道からのニシン、サケ、コンブなどが入荷し、塩竈の水産物の取引も黄金時代を向かえ、水産加工、缶詰などの事業が興りました。一方で、動力化による漁船の大型化や漁具等の発達により、金華山漁場が開拓され、塩釜港の出入も頻繁になり、燃料用の石油類の需要の増加につながりました。また、第一次世界大戦による好景気と、石油内燃機関や交通機関の発達によりガソリン等の需要が進伸し、石油ブームともいえる活況を呈していました。亀井商店もこの好景気に乗り、販売前から値があがり、面白いほどの利益を揚げたと伝えられています。このように、亀井商店が現在の総合商社としての基盤づくりの時代に「亀井邸」は建築されています。亀井邸は、近代(明治・大正時代)の塩釜港の繁栄と亀井商店の隆盛を象徴した歴史的建造物です。

資料協力:(特非)NPOみなとしほがま 歴史的建造物保存活用部会
建物調査実施者:塩竈市教育委員会・(特非)NPOみなとしほがま
建物調査者:玉井哲雄「千葉大学工学部教授」・斎藤善之「東北学院大学経済学部教授」・榎本悟・横内浩史・足立俊輔「千葉大学工学部大学院」・
      ・高橋幸三郎・大和田庄治「(特非)NPOみなとしほがま」
参考文献:「百折不撓・カメイ100年の歩み」カメイ㈱

年代:1924年
材質・形状:木造
場所:宮城県塩竈市宮町5-5

地図


より大きな地図で 「文化の港 シオーモ」 を表示

JPN|ENG

日本語|ENG