小池曲江の墓

博物館 | |
  • ツイッターボタン
  • フェイスブックボタン
  • グーグルバズボタン
  • ヤフーボタン
  • はてブボタン
  • デリシャスボタン


小池曲江の墓(こいけきょくこうのはか)

小池曲江、 名は惟則、 字 (あざな) は子翼、 通称周蔵、 曲江又は甘眠堂と号しました。 本市本町の出身、 東は北海道から西は長崎まで50年間にわたり周遊し、 文化年間は京都に居住し、 その作品は3度も天覧に供されました。 弘化4年 (1847年) 90歳の天寿を終え、 雲上寺に葬られました。

年代:1847年
材質・形状:墓碑
収蔵場所:宮城県塩竈市南町11-4 雲上寺
閲覧可

地図


より大きな地図で 「文化の港 シオーモ」 を表示

JPN|ENG

Grave of Kyokko Koike

DESCRIPTION

His childhood name was 惟則, but upon reaching adulthood he took the name Shiyoku, commonly known as Syuzo. He named himself Kyokko or Kanmindo. He was born in Hon town, Hon city(Shiogama city?) and traveled around Japan for 50 years. From 1804 to 1818, he lived in Kyoto and his works were presented to the Emperor on three occasions. He died and was buried in the temple in Koka 4 (1847) after living 90 years of his life.

LOCATION

11-4 Minamimachi, Shiogama, Miyagi

日本語|ENG