石造りの日時計 Stone sundial

博物館 | , , |
  • ツイッターボタン
  • フェイスブックボタン
  • グーグルバズボタン
  • ヤフーボタン
  • はてブボタン
  • デリシャスボタン


石造りの日時計

「林子平考案日時計」と称される県内最古の日時計で、学友である塩竈神社の神官藤塚知明が、 寛政4年(1792年)奉献したものです。石盤上にはローマ数字を刻し、「紅毛製大東日」と刻す異国風の珍しい日時計です。

作者・著者:和泉三右衛門
年代:1792年
サイズ:800 × 680 x 1100mm
収蔵場所:宮城県塩竈市一森山1-1 鹽竈神社
閲覧可

地図


より大きな地図で 「文化の港 シオーモ」 を表示

JPN|ENG

Stone sundial

DESCRIPTION

This is the oldest sundial in Miyagi prefecture. It is named “the Hyashi Kodaira invented sundial. A friend of the Shinto priest Fujizuka Tomoaki of Shiogama shrine dedicated it in 1792. On the slate, both roman numerals and Japanese characters [Koumousei Daitonichi] were engraved. It is an exotic sundial.

LOCATION

1-1 Ichimoriyama, Shiogama, Miyagi

日本語|ENG