鹽竈百人一首 |千五百番歌合(はるくればもとよりたえぬけぶりさへかすみと見ゆるしほがまの浦)

文学館 | , |
  • ツイッターボタン
  • フェイスブックボタン
  • グーグルバズボタン
  • ヤフーボタン
  • はてブボタン
  • デリシャスボタン

【原文】

はるくればもとよりたえぬけぶりさへかすみと見ゆるしほがまの浦

【現代語訳】

春が来ると、もともと絶えることのなかった塩焼く煙までもが春霞のようにみえることです。ここ塩竈の海岸の景色は。

作者・著者:千五百番歌合・保季朝臣
サイズ:270 x 540mm
材質・形状:石碑
所在地:宮城県塩竈市西町(鹽竈海道)
閲覧可

地図


より大きな地図で 「文化の港 シオーモ」 を表示