表坂石鳥居の扁額 Omotezaka ishi torii (shrine gate) plate

博物館 | |
  • ツイッターボタン
  • フェイスブックボタン
  • グーグルバズボタン
  • ヤフーボタン
  • はてブボタン
  • デリシャスボタン


表坂石鳥居の扁額(おもてざかいしとりいのへんがく)

仙台藩四代藩主伊達綱村(幼名亀千代)による寛文の造営時に寄進された花崗岩製の明神鳥居は、柱に「鹽竈大明神奉創建石華表一基」「寛文三年癸卯七月十日松平亀千代」と刻まれ、「陸奥国一宮」の扁額は、酒井雅楽頭うたのかみの筆によるものです。

収蔵場所:宮城県塩竈市一森山1-1 鹽竈神社
閲覧可

地図


より大きな地図で 「文化の港 シオーモ」 を表示

JPN|ENG

Omotezaka ishi torii (shrine gate) plate

DESCRIPTION

The forth feudal load of the Sendai domain, Date Tsunemura (Kamachiyo in his childhood) donated this shrine gate, that was made of Kako stone, during the construction of the shrine. The pillars were engraved with「Shiogama Daimyoujin hosouken Ishinokahyou ikki」「Matsudaira Kamichiyo, on July 10th, Kanbun 3 (1663) 」. The plate Mutsunokuni Ichinomiya was written by Sakai Gagakukashira Utanokami.

LOCATION

1-1 Ichimoriyama, Shiogama, Miyagi

日本語|ENG