詳細分類の一覧

『都のつと』

【原文】  その日くるるほどに。しほがまの浦に行つきぬ。  則(すなわち)神躰(しんたい)は やがてしほがまにてわたらせ給(たま)ふ。御前につやし侍(はべ)りぬ。  このうらの東にむかへる入海(いりうみ)にかけはしたかく … 続きを読む

文学館 | , , |